On-siteReport

  about us


バイオマス・ビジネスの羅針盤

定期購読のおすすめ



木質バイオマスの環境的エネルギー利用については、
オンリーワンかつナンバーワンの情報密度。

 地球温暖化防止、原油価格乱高下の懸念、原発停滞に起因する電力事情、被災地のバイオマス利用対策などを背景にバイオマス等再エネが注目され、FIT制度が2012年7月に施行されました。関西電力・舞鶴の木質ペレット、中部電力・碧南のチップから始まった電力系の大量バイオマス利用は、電力系に加えてFITを背景に登場したイーレックス、レノバ、NEDら意欲的デベロッパー・発電事業者・新電力の尽力で発電プラントは運開ラッシュを迎え2030年のエネルギーミックス目標年には輸入バイオマス1,000万t/y超の需要が想定されるようになりました。呼応して商社も年々バイオマス燃料輸入を加速し2019暦年輸入量は木質ペレットが161万t、PKS245万tにも上ります。(財務省貿易統計から本誌集計)
 環境問題、南北問題などを抱えながらも再エネ輸入は否応なく拡大し、制度は目まぐるしく改定され関連事業者は確度の高い情報がなければビジネスが成立しない時代。
 本誌は、四半世紀以上環境ジャーナリストとして活動してきた記者をはじめ、各国・各地の情報提供者が知見とネットワークを活かして官民の情報収集・精査を行い固形バイオマスを中心とした再エネ利用情報を提供するネット専門誌です。
 貴社のビジネス戦略策定資料、新規事業開拓の営業トーク・ソースなどに、ぜひご活用ください。

 定期購読希望、試読誌希望、お問合せはこちらから。